プロテインで肝臓にかかる負担は?

プロテインで肝臓にかかる負担は?

プロテインで肝臓に負担がかかるそうですが、実際どうなんでしょう?

 

プロテインで肝臓にかかる負担は?

 

調べてみました。

 

プロテインの分解で、肝臓がフル稼働

プロテインを摂ると、体内でこんなふうに分解されます。

 

プロテイン(タンパク質)
 ↓
腸でアミノ酸とアンモニアに分解
 ↓
アンモニアが肝臓で尿素に変換される
 ↓
尿素が腎臓で尿に変換される
 ↓
尿が体外に出される

 

肝臓は、有毒なアンモニアを無害な尿素に変える役割をもっているんですね。

 

ただし、これは一般の食べ物を摂る場合も同じです。

 

プロテインを大量に長期間摂ると、暴飲暴食と同じ状態になって、結果、肝臓や腎臓に負荷がかかるんですね。

 

ちなみに、肝臓の機能が低下すると、有毒なアンモニアが体内に回って、脳にまで悪影響をおよぼすケースがあります。

 

摂り過ぎは、何事もよくない、ということでしょう。

 

どれだけ摂ると危険??

 

プロテインで肝臓にかかる負担は?

 

厚生労働省によると、タンパク質の1日の摂取量の目安は、体重1kgあたり1gです。

 

ちなみに、スポーツ選手は体重1kgあたり1.5〜2.0gのタンパク質を取っているとか。

 

これを超えるようだと、摂り過ぎということになりそうですね。

 

なお、タンパク質は通常の食事でも摂れているので、目一杯食事をしてプロテインをガブ飲みしているような方は、気をつけて下さい。

 

プロテイン飲み過ぎで肝臓数値が上げるケースも

 

プロテインを多く摂っているかたが、特にお酒を飲んでいないのに肝臓の数値(GOT、GTP)が上がったというケースがあるようです。

 

医師に指摘されて、プロテインをやめたら肝臓の数値も下がったとのことなので、何かしら関係はしているのでしょうね。

 

献血をすると、血液検査もしてくれる

年に一度の健康診断では不安…というあなたは、献血が良いかも知れません。

 

プロテインで肝臓にかかる負担は?

 

献血すると、血液検査を無料でやってくれるんですよね。この数値で、プロテイン飲み過ぎで内臓に負担がかかっているかどうかチェックするのも良いと思います。

 

 

プロテインで肝臓にかかる負担は?

プロテインで肝臓にかかる負担は?

page top