プロテインで女性ホルモンの分泌アップ?

プロテインで女性ホルモンの分泌アップ?

女性の場合、プロテインは筋力アップ以外に女性ホルモンを増やす効果があるそうです。

 

女性

 

以下の本で、「筋トレしたらマッチョになっちゃう〜」という女性の発言に対して、ちょっと大人気ない感じの解説が載っていました。

 

(マッチョになるには、という話題で)

一般的な男性の3倍ものたんぱく質を摂取して初めてマッチョへの道が開けてくるのです。さらに女性の場合、たんぱく質は女性ホルモンの材料としても使われるため、筋肉の材料として吸収される割合はさらに低くなります。

プロ格闘家流 「できる人」の身体のつくり方 (イースト新書Q)より

 

女性が、男性より筋肉がつきにくいのは、タンパク質が女性ホルモン用に使われるせいだったんですね。

 

ソイプロテインがおすすめ

 

プロテインの中でも、ソイプロテインは大豆ベースのプロテイン。大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすると言われています。

 

更年期の女性にもおすすめです。閉経を迎えると、女性ホルモンが急激に減り、さまざまな症状が出てきます。

 

女性ホルモンが増えるとどうなる?

 

大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをするとして、女性ホルモンが増えたらどうだっていうんでしょう?

 

  • 肌がすべすべになる
  • 女性らしい体つきになる
  • 髪がつやつやになる

 

女性にとって嬉しいことになるんですねー。

 

なので、女性らしい体をキープしたい!というあなたは、しっかりタンパク質を摂ると良いんですね。

 

摂り過ぎ注意

 

ただし、摂り過ぎは良くないです。タンパク質を消化するために腎臓や肝臓に負担がかかりますし、過剰なタンパク質を摂るとアレルギーなどの原因になることもあります。

 

大豆イソフラボンの1日の摂取上限量は、70?75mg/日とされています。

 

参考)大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A

 

大豆イソフラボンの取り過ぎは、特に妊婦、子供には推奨できないとされています。

 

いくら女性ホルモンに良いからとは言っても、適切な量を守りましょう。

 

プロテインを取る場合は、用量をよく守りましょう。

 

page top