プロテインと肝臓

プロテインと肝臓

プロテインの取り過ぎは肝臓に悪影響があるそうですが、どうなんでしょうか?

 

プロテインと肝臓

 

プロテイン(=タンパク質)の取り過ぎは、腎臓に悪影響があるそうです。
参考)プロテイン副作用

 

実は、同時に肝臓にも影響あるんですね。

 

タンパク質摂る
 ↓
肝臓で分解時に毒素(アンモニア)出る
 ↓
腎臓で分解時に毒素(窒素)出る

 

ということのよう。摂り過ぎると、肝臓、腎臓が酷使されるとのこと。

 

ただし、1日100gくらいのタンパク質ならば全く問題ないそうなので、取り過ぎなければ心配しなくてもいいかな?

 

肝臓病には多めのタンパク質が必要

 

肝硬変ではさまざまな代謝異常によってたんぱくが失われる一方、たんぱく合成そのものも低下しています。栄養学的にみると、健常人より多くのたんぱく摂取が必要となり、その量は理想体重1kg当たり1日1.3g程度とされています。

肝臓病における必要なたんぱく栄養摂取量について|大塚製薬

 

  • 肝臓病患者は、通常より多いタンパク質が必要になる(1.3g/日。 一般人は1g/日)
  • だけど、摂り過ぎると、肝臓で分解時に発生するアンモニアで体に良くない
  • 「ちょうど良い量」のタンパク質を摂ることが重要

 

とのことです。

 

筋トレに限らず、「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということでしょうか。

 

プロテインとりすぎると、肝臓が悪くなるよ!という嘘。

たしかにプロテインは、効率よくタンパク質をとれるので、飲み過ぎると、通常食事で摂れるのとはケタ違いのタンパク質が摂れてしまいます。

 

でもそれは、「病気になるほど肉を食べると、病気になるよ!」っていうのと同じような気がします。

 

タンパク質は、消化時に毒素を出すので、大量にプロテインを飲むと確かに肝臓に負担がかかることは間違いないんですね。

 

でも、少なくとも、各プロテインの説明に書いてある、1日の目安量を守っていれば、肝臓を悪くするということはないでしょう。

 

もちろん、もともと肝臓を患っているというあなたは、医師の指示に従ってくださいね。

 

プロテインと肝臓

プロテインと肝臓

プロテインと肝臓記事一覧

プロテインで肝臓に負担がかかるそうですが、実際どうなんでしょう?調べてみました。プロテインの分解で、肝臓がフル稼働プロテインを摂ると、体内でこんなふうに分解されます。プロテイン(タンパク質) ↓腸でアミノ酸とアンモニアに分解 ↓アンモニアが肝臓で尿素に変換される ↓尿素が腎臓で尿に変換される ↓尿が体外に出される肝臓は、有毒なアンモニアを無害な尿素に変える役割をもっているんですね。ただし、これは一...

プロテインを飲んでいると、肝臓や腎臓がヤラレルよ!気をつけなさいよ!という話をネットで見かけました。えっ?そうなの?実際どうなのか調べてみました。プロテインメーカーのDNSによると…迷信(4)プロテインを飲むと、腎臓や肝臓がおかしくなる。→ウソ摂取量さえ守れば、プロテインが内臓に負担をかけることはない。これもまた、行き過ぎた迷信である。勘違いもいいところだ。http://www.dnszone.j...

プロテインとお酒を同時に飲むと肝臓に悪い、という話を聞いたのですが本当でしょうか?調べてみました。プロテインとお酒が肝臓に与える影響まず、プロテインとお酒を同時に飲んだからと言って、肝臓に悪影響があるとは考えられません。お酒の飲み過ぎは肝臓に良くない、というのは事実です。プロテインはたんぱく質、焼き肉なんかもたんぱく質ですね。焼き肉を食べながらお酒を飲んだら、特に肝臓に悪いか・・?というと、そんな...

page top